TOP >コーヒー豆 >コーヒー豆 アルベロのコーヒー オリジナルブレンド

コーヒー豆 アルベロのコーヒー オリジナルブレンド

ALBEROの珈琲 オリジナルブレンド

トミオ福田氏が作るコクと甘みのある"ブラジル樹上完熟"をベースに、4つの産地の珈琲を使っています。
甘く深い香りと華やかさ、程よい酸味をもつバランスがよいコーヒーに仕上げました。
アルベロでは、デミタスとエスプレッソにもこのブレンドを使っています。

自家焙煎

アルベロでは全ての豆を自家焙煎しています。
それぞれの豆の魅力を引き出す丁寧な焙煎。
その後、手作業でひとつひとつ欠点豆を取り除きます。
その結果、澄みきった雑味のない、香り豊かな珈琲ができあがります。

珈琲豆

アルベロの珈琲豆は全て"スペシャルティコーヒー"を使用しています。
スペシャルティーコーヒーは、全ての工程にこだわり、管理が行き届いた安心で安全な豆、素晴らしい風味特性のあるコーヒーのことを言います。
ブラジル樹上完熟/トミオフクダ農園/ムンドノーヴォ種
ブラジル特有の厚みのある甘みと、とろりとした口当たり、華やかな香りが口いっぱいに広がり、とにかく驚かされます。
この農園のコーヒーの実は、通常の収穫時期よりかなり遅く、赤く熟した状態で手詰みされます。
さらに貯蔵庫で寝かすことにより、熟成し甘みがどんどん凝縮していきます。
オーナーのトミオ氏は毎日農園に足を運び、全作業工程はもちろん、従業員の育成、ゴミ一つに至るまで、徹底した農園管理を行っています。
コロンビア/サンチュアリオ農園/ティピカ種
エキゾチックな香りと心地よい苦み、濃厚で味わい深いコクがあります。
伸びる酸と長い余韻、バランス感が素晴らしい。
標高の高いところにあるこの場所は、日照量、降水量、土質、気温差が大きいことなど、 高品質なコーヒー豆を生み出すための条件がすべてそろった理想的な農園です。
この農園の若きオーナーは"至高のコロンビアマイルド"を生産するために すべての工程において質の高い作業を行っています。
有機肥料を使用、標高が高いことから害虫がつかないので農薬の散布はしていません。
タンザニア/モンダル農園/ティピカ種&ケント種
タンザニアコーヒーコンクールで金賞受賞。オレンジやりんごのニュアンス。
紅茶を思わせる軽やかな酸味と華やかな香り、ほのかな甘みが余韻を一層ひきたてます。

美味しいドリップコーヒーの淹れ方

一人分 15g 125cc 1.5分
二人分 20g 250cc 2分
三人分 30g 375cc 2.5分
四人分 40g 500cc 3分

.疋螢奪僉爾魴擇揺すってコーヒーの粉の表面をならします。
∩澗里砲いわたる位のお湯をそっとそそぎ、30秒間蒸らします。湯温は90度くらい。
その後、30秒間ゆっくりゆっくりと、ちっちゃい"の"の字を書くようにコーヒーの濃いエキスを抽出します。
い△箸蓮▲后璽辰箸湯をそそぎ、お好みの濃さまで引き延ばしていきます。
  • 550円(税込594円)